creation lead impression expression

クリエはあらゆる不動産の新たな価値を引き出し、感銘や表情との出会いを追求し、人と社会に貢献します。 

HOME リフォーム実例 プロフィール コンセプト お問い合わせ

マンションリフォーム実例

   継承する次世代の負担を軽減したリフォーム        - No277 -
 

  物件は好立地で、外観や共用部の維持管理もしっかりされており、
  空間の美しさや周辺の環境との調和を保ったマンションです。
  しかし、徐々に高齢化も進み、「良質な住宅ストックの形成」を考えていく時期も近づいています。
  近年、新規の住宅竣工戸数は、少子化、人口減少、空き家の増加等の傾向もあり、徐々に減少していくと思われます。

  今後は、再利用を促し、廃棄物を減らすだけでなく、
  継承する次世代への負担も軽減できるリフォームが必要不可欠な時代となるでしょう。
  そこで、この度は、ご自身も快適であり、次世代にとっても使いやすく豊かさを感じられるような
  リフォームにしたいと願うオーナー様からのご依頼でした。
 
キッチン      〜独立型からセミオープン型へリフォーム〜
 

  キッチンからは、ダイニングやリビングにいる来客の様子やTVなどを見ることが出来る、
  ほどよく独立した造作対面型のキッチンにリフォームしました。
  作業中の手元や家電などを隠せるように造作壁やカウンターで仕切られています。
  カウンターには、お料理も置けますし、細かな日用品を置くことも可能です。何よりも会話を楽しみながらお料理が作れます。

  また、当初はキッチンの向きを変えて、対面式とも考えましたが、キッチンの向きを変えるとパイプシャフトがあるため、
  間口が狭く、L=2700mmを確保できない為、現状のままのレイアウトでキッチンを交換しました。
  従来のキッチンは木製キャビネットでしたが、長寿命で衛生面や環境面でも優れている
  ステンレスキャビネットタイプに変更しました。 サッと引き出せて、足元まで使える為、たっぷりと収納ができます。
  会話を楽しむために、図書館並みの静けさを実現したシンクや、お手入れ簡単で汚れに強い排水口など
  美しさと清潔へのこだわりのあるキッチンです。
 
Before  ↓写真はクリックすると拡大します。
 
           
 
After      
 
         
 
 ■対面カウンターは、美しさと丈夫さを
   備えた人工大理石。 カウンター下は
   R形状のオープン棚を設置
 ■ステンレスのシャープな
   輝きは鏡のような質感で
   気品あるキッチンを
   演出します。
   ■造り付けの食器棚(既存)は
     上・下分割タイプ
     L=2000mmのカウンターは
     家電を置いたり、盛り付けにも便利
 
 
 
 
 
  洗面化粧台    〜カスタマイズされたフェミニンな造り付け洗面化粧台〜
 

  従来の洗面ボウルは、カウンターとの継目あたりに汚れが付着しやすく、お手入れが大変でした。
  近年の主流としては、ボウルとカウンターの一体成型のタイプが多いのですが、
  オーナー様のセンスの良さと、なるべく凹凸が少なくお手入れのしやすい、
  また、バランス良くきれいに収まった洗面化粧台の美しいしつらえが、
  くつろぎのある上質な空間にしてくれます。
 
Before ↓写真はクリックすると拡大します。
 
                   
 
After      
 
       
 
カウンターは、表面が硬く、耐汚染性・
  耐水性・耐薬品性、耐熱性等に優れている。
  確かな品質のTOTOマーブライトカウンター
  色はフェミニンなオニックスピンク
洗面化粧台の高さは750mmから
  800mmとし、次世代にも使いやすい
  高さとしました。
三面鏡(収納付)の下には、ミラーを
  貼ることが多いのですが、
  お手入れ簡単なキッチンパネルを
  貼ることにしました。
  強度に優れ、衛生的で美しいワンランク上の
  快適性を実現。
   
   
 
 
 
  和室を洋室に変更   〜アーチ型の建具と輸入型 板ガラスで光と空間をプロデュース〜
 

  当初、キッチン・洗面化粧台の交換と床フローリング貼り替えの予定でしたが、
  どうせここまでリフォームするなら、もともと和室は客間として利用されており、
  ベットが1台置いてありましたので洋室がベストなこと、また、和室の段差も解消し、フローリングにされたいとのことで、
  急遽、リフォームすることになり、家具等、一部、引っ越しを決意。

  オーナー様より、建具で間仕切った際に、洋室が暗くならないようにとのことでしたので、ガラスを入れることになり、
  建具のデザインも、オーナー様の好きなアール形状を取り入れました。
  ガラスは、ヨーロッパデザインの輸入 型板ガラスをご提案させていただきました。
  装飾性の高いガラスを使用することで、美しい演出ができ、うっとうしくなりがちなりがちな建具も
  インテリアのひとつとして楽しめます。

  この度、使用したガラスは木の樹皮のような、水が流れているような模様です。
  【 サンゴバン社製の シルビークリア を使用 】
 
   
Before ↓写真はクリックすると拡大します。
 
        
 
After      
 
            
 
 ■建具の床にレールを埋め込みフラットにしました。
 ■フローリングは、広巾でハードな塗装により、
   塗装表面に傷がつきにくく、メンテナンス性に
   優れています。
 ■建具を閉めても明るく、比較的視界を得やすい
   デザインのガラス
   
 
 
  近々、引っ越しの片付けも終わり落ち着いた頃に、再び撮影させていただく予定です。
 
    1年後のリフォームはこちら   【NO.284】  
 
   
 
 

 >>HOMEへ戻る   >>マンション実例一覧へ戻る